Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

料理

料理

つくしの料理方法 下処理の仕方は?佃煮と卵とじの作り方

春になるとお目にかかることができる、 つくし。 スギナの胞子茎と呼ばれるもので、 よく河原の土手や田んぼの畦、道端、 我が家の庭に生えています。 3月初旬から4月中旬くらいまで生えていますが、 つくしが終わると緑色の細い葉のスギナが生えてきます。 スギナは食べられませんが、 つくしは食べられます。 でも、つくしってどうやって食べたら良いのか よくわからないという人も多いかもしれません。 つくしを見かけると思わず採りたくなっちゃうかもしれないので、 そんな時のために、つくしの下処理など、 料理方法をご紹介します。
料理

料理の水の量 ひたひた,かぶるくらい,たっぷりの水とはどれくらい?

料理の本や作り方のサイトなどを見ると、 よく「ひたひたの水」、「かぶるくらいの水」、 「たっぷりの水」と書いてありますよね。 「たっぷり」はまだわかるとして、 「ひたひた」や「かぶるくらい」ってどれくらいの量なの? って悩むことはありませんか? 一体どれくらいの水を入れれば良いのでしょうか?
料理

天ぷら油は何回まで使える?保存方法と容器、処理方法は?

天ぷらや唐揚げ、フライなど、揚げ物に使った油、何回くらい使ってますか? 1回で捨ててる? 10回は使ってる? えっ、1回も捨てたことない? 実際、何回くらい使えるんでしょうか? また、保存する時はどのようにしたらいいのでしょうか? それに、処分する時の仕方は?天ぷら油の気になる色んなこと、ご紹介します。