にんにくに芽が出た 毒はない?芽と茎の違いは?芽の栄養は?

にんにくの芽

気がついたら、にんにくからが~!

芽が出てしまったにんにく、まだ食べられるんでしょうか?
もしかしたら、芽に毒があるかもと思ったらちょっと心配ですよね・・・。

また、この出ちゃった芽といわゆる「にんにくの芽」、それに「にんにくの茎」は同じものなんでしょうか?

スポンサードリンク

にんにくに芽が出た 毒はないの?

常備野菜として、まとめて買い置きをしておくことの多いじゃが芋や玉ねぎ、そしてにんにく。
気がついたら芽が出てしまっていることも多いです。

野菜の芽といえば、「じゃが芋の芽には毒がある」というのは、よく聞く話。
なので、もしかしたらにんにくの芽にも毒があるんじゃないかと、心配になる人も多いかもしれません。

でも、ご安心を!
にんにくの芽には毒はありません。
食べても何も問題はないですよ。

芽が少しだけ出ている状態で、にんにく自体はまだ白っぽく水気もあるなら、芽を取り除いていつも通り調理してください。
取り除いた芽も、刻んで炒め物に入れたりと使えます。

我が家では、芽が少しだけなら、あえて取り除かず、にんにくと一緒に調理してしまいます。
特に味が変わることはなく美味しく食べてます。

にんにくの芽

↑調理する時に焦げやすいので取り除きましょう!
とよく言われる芯の部分ですね。

ただ、たくさん芽が出てしまったにんにくは、芽に栄養を取られてしまっているので、干からびてしまっていたり、スカスカになって食感が悪くなったりと、味が落ちてしまいます。
色も茶色っぽくなっていたりします。

そこまでになってしまったら、萎びたにんにく本体は諦めて、伸びた芽だけ調理しましょう。
好みの長さに刻んで、炒め物に加えたり、スープに入れたり、彩りにもなって良いですよ~。

にんにくはあくまで、にんにくとして使いたい、芽は出したくないならば、保存の仕方も大事です。
保存方法によって、にんにくを長持ちさせることができますよ。

にんにくの保存について↓
『にんにくの保存方法と栄養は?効果的な食べ方ってあるの?』

にんにくの芽と茎の違いは?

うっかり放置していたにんにくから出ちゃったきれいな緑色の芽、特に初めて見るとびっくりします。

え~っ、にんにくって芽が出るの?!と、軽く衝撃を受けます。
そのまま放っておくと、にんにくの栄養を吸い取って、どんどん伸びていきます。

実は、この伸びた芽、よく中華料理に使われる「にんにくの芽」や「にんにくの茎」と同じものなんです。
とは言っても、スーパーなどで売られている「にんにくの芽・茎」は、うっかり伸びちゃったわけではもちろんありません。

「茎にんにく」とも言われる「にんにくの茎」、または「にんにくの芽」は、土の中で栽培されているにんにくが、春に花を咲かせるために伸ばす「花茎」と呼ばれる部分です。
花が咲いてしまうと、にんにく本体の栄養が取られてしまうので摘み取ってしまいます。
摘み取られた茎の先の花の部分だけ切り取ったものが、いわゆる「にんにくの茎」です。

たいていは、中国産です。
中国にはにんにくの茎を取るための専用の品種もあるそうです
稀に日本産のものもありますが、こちらは蕾つきのまま売られていることもあります。
中国産のものより柔らかめで、蕾も食べられます。
JAの直売所や道の駅などでたまに見かけますよ。


スポンサードリンク

にんにくの芽の栄養は?

にんにくの芽の栄養は、にんにく本体とほぼ同じです。

にんにくの栄養について↓
『にんにくの保存方法と栄養は?効果的な食べ方ってあるの?』

が、にんにくは淡色野菜で、茎は緑黄色野菜。
茎は、にんにくよりも多い栄養素や違う栄養素を持っています。

例えば、

・カロテン・・・抗酸化作用(活性酸素の働きを制御
・ビタミンC・・・粘膜を正常な状態に保ち、風邪などのウイルスが身体の中に侵入するのを防ぐ。抗酸化作用がある。
・食物繊維・・・にんにく本体よりも多め

などです。

他には、にんにく本体と同じ「非栄養性機能物質」という成分が含まれています。
よくにんにくのスタミナ効果と言われるものはこの非栄養性機能物質です。

非栄養性機能物質には、次のようなものがあります。

・アリシン
ニオイのもと、硫化アリルの一種
ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果がある。
強い殺菌・抗菌効果があります。

・スコルジニン
新陳代謝を促進し、疲労回復の効果がある。

・アリチアミン
アリシンとビタミンB1が結合して出来る。
ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えたり、疲労回復や体力増強に欠かせない栄養素。水溶性のため吸収率が悪いが、アリチアミンに変化すると脂溶性になるため、吸収率が高くなる。
なので、体内に蓄積されやすくなるので、ビタミンB1がしっかり働き、糖質をエネルギーに変換しやすくなる。

他にも、S-アリルシステイン、アホエン、ジアリルトリスルフィド(DATS)、ジアリルジスルフィド(DADS)などがあり、

・がん予防
・美容効果
・冷え性の改善
・高血圧の改善
・動脈硬化の予防
・アンチエイジング効果
などの効果があると言われています。

にんにくと同じく、強い殺菌・抗菌効果があるため、食べ過ぎると胃腸が荒れたり、下痢などになることがあります。

おわりに

上手に保存していても、生の状態だといずれ芽が出てくることは避けられません。
萎びたにんにくは困るので、芽が出る前に早めに使い切ってしまうことが肝心です。

でもうっかり芽が出てしまったら、小さいうちならにんにく本体ごと、伸びてしまっていたら芽だけ調理して食べましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする