そら豆の美味しい茹で方とレシピは?薄皮って食べられるの?

そら豆 茹で方

4~6月が旬のそら豆

サヤが空に向かってつくところから「空豆」や
サヤの形が蚕(かいこ)に似ていることから「蚕豆」とも書かれます。

硬いサヤの中の大型の豆は、色々な料理方法で楽しめます。

そこで、美味しい茹で方レシピ
また、ちょっと気になるそら豆のうす皮についてもご紹介します。

スポンサードリンク

そら豆の美味しい茹で方は?

そら豆は鮮度が落ちやすいので、
3日以内に食べるようにしてください。

【そら豆の美味しい茹で方】

1.まず、サヤから豆を出します。
サヤが硬いので出しにくそうですが、
サヤを両手で持ってひねると、
簡単にサヤを開けることが出来ます。

2.豆の薄皮の黒い筋の部分に、小さく包丁で切れ目を入れます。
こうしておくと、後で薄皮をむきやすくなります。
サヤから出したら、薄皮が固くなってしまうので、
すぐに茹でるようにしてください。

3.たっぷりのお湯を沸かし、塩と酒を入れます。
お湯1Lにつき塩は大さじ2くらい、酒は50ccが目安です。

4.後から煮物にしたり、硬めが好みの場合は1分くらい、
そのまま食べたり、後からあまり火を通さない場合は2~3分茹でます。

5.茹で上がったらザルにあげ、そのまま冷まします。

そら豆は、茹でると独特の臭いがします。
しっかり塩を入れ、酒も入れると臭いが軽減されますよ。

そら豆をたくさんもらったりした時は、
早めに全部茹でて冷凍保存してしまいましょう。

そら豆の美味しいレシピ

そら豆は、色々な食べ方が出来ます。
塩ゆでしたものをそのまま食べても美味しいですが、
ちょっと手を加えれば立派なおかずになりますよ。

【焼きそら豆】

1.そら豆を魚焼きグリルにサヤごと入れます。

2.強火でサヤが焦げるくらい焼きます。
片面グリルは途中でひっくり返してください。

3.焼けたらサヤから豆を出し、塩や醤油でどうぞ。
醤油マヨやワサビ醤油も美味しいですよ。

サヤが黒くなるくらい焦がすのがポイントです。

【そら豆とじゃがいものかき揚げ】

1.そら豆はサヤから豆を出し、薄皮もむいておきます。
ジャガイモは1cm角に切ります。

2.天ぷら粉を水で溶き、そら豆とじゃがいもを入れて混ぜ合わせます。

3.お玉ですくって、熱した油に投入。
片面2分位ずつ揚げてください。
きつね色になったら出来上がりです。

揚げ時間は目安です。具材の量によって、加減してください。
天ぷら粉は少なめの方が、べしょっとした感じになりません。

じゃがいもは、千切りにしても美味しいです。
じゃがいもを玉ねぎに替えたり、定番のエビ、イカもおすすめです。

【そら豆とじゃがいもとさつま揚げの含め煮】

1.そら豆はあらかじめ茹でておきます。
じゃがいもは皮をむいて、大きめに切ります。

2.鍋に市販の昆布つゆ(他の濃縮だしでもOK)と
水、酒を1:3:1で入れ、じゃがいもを入れて煮ます。

3.グツグツし始めたら、さつま揚げを入れ、弱火にします。
じゃがいもに火が通ったら、そら豆を入れ、1分ほど煎たら火を止めます。

4.蓋をして、そのまま1時間くらい煮汁につけておきます。

途中味見をして、甘みが足りない場合は砂糖を少し足すなど、
好みの味にしてください。

じゃがいもは火が通り過ぎると煮溶けてしまうので、
ちょっと固めくらいがちょうど良いです。

蓋をして置いているうちに中まで柔らかくなりますよ。

そら豆の薄皮は、剥いても剥かなくてもどちらでもお好みで。

【そら豆のポタージュ】

1.そら豆(20粒くらい)はあらかじめ茹でて、薄皮をむいておきます。

2.玉ねぎ1/2個を薄切り、じゃがいも1個を薄めの半月切りにします。

3.鍋にそら豆、玉ねぎ、じゃがいも、固形コンソメ1個、
かぶるくらいの水を入れます。

4.全部が柔らかくなるまで、弱火でぐつぐつ煮ます。

5.煮えたら、ブレンダー、またはミキサーでペースト状にし、
鍋に戻して火にかけます。

6.牛乳200mlを加え、グツグツしてきたら火を弱めて、
塩で味を整えたら出来上がりです。

好みですが、ほんの少し味噌を入れても美味しいですよ。

そら豆は、あまり柔らかくなり過ぎないほうが美味しいので、
茹でた後から調理する時は、煮過ぎや焼き過ぎなど、
火の通り過ぎに注意してください。

いちおしレシピは「焼きそら豆」です。


スポンサードリンク

そら豆の薄皮って食べられるの?

そら豆など、豆類には薄皮が付いています。

枝豆の薄皮は、大半の人はそのまま食べていると思いますが、
そら豆はどうでしょうか?

ちょっとゴワゴワして、食べるには硬いけれど、
食べられないほどではない感じですよね。

色々な意見を拾ってみると、特に塩茹でしてそのまま食べる時は、
面倒くさいから剥かないという人も多いようです。

正直好みの問題で、食べても特に害があるわけではないので、
気にならなければ食べてみたり、
また、料理によって使い分けるのが良いのではないかと思います。

例えば、ポタージュなど舌触りが気になる料理は剥いたほうが良いですが、
煮物や塩茹での場合はどちらでも・・・、などです。

ただ、消火はあまり良くなさそうので、小さい子やお腹が弱い人は剥くか、
よく噛んで食べるようにすると良いかもしれません。

おわりに

そら豆は、春から初夏まで限定の野菜です。
少しの間しか味わえません。

見かけたらぜひ、まずは塩茹でそら豆から食べてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする