Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もち米の保存方法 冷凍できる?炊いた後の保存方法と保存期間

もち米 保存 冷凍

お赤飯などのおこわや栗ご飯などを
作るために買ったもち米。

一度にたくさん使うわけでもなく、
ましてや頻繁におこわを作るわけでもなく、
なかなか使い切ることはないですよね。

そのまま置いておいたらどんどん劣化していきそうで
心配です。

もち米は決して安くはないし、
できるだけ長持ちさせたいです。

どう保存するのが最適なのでしょうか?

また、炊いた後のもち米はどう保存すれば、
美味しく食べられるのか、気になるところですね。

そんなもち米の保存について、
ご紹介していきます。

スポンサードリンク

もち米の保存方法 冷凍できる?

もち米は、お餅を作るために買うこともありますが、
一般家庭では、お赤飯やおこわを炊いたり、
炊き込みご飯を作るときに普通のお米と混ぜて使うようなことが
多いのではないでしょうか?

なので、もち米の消費量はそれほど多くないので、
もち米を購入しても余ってしまって、
どのように保存をすればいいのか困りますよね。

残ったもち米の保存はどうすればいいでしょうか。

【もち米の冷凍保存】

まずは、冷凍保存ですが、もち米の冷凍保存はやめた方がいいです。

冷凍するともち米に含まれている水分が凍って、
もち米の細胞が壊れてしまい、味も風味も落ちてしまいます。

炊く時に炊き上がりにむらができて、上手く炊けなくなる可能性があります。

なので、結論から言いうともち米(お米)の冷凍保存は、
NGです。

【もち米の冷蔵保存】

もち米(お米)の保存で、おすすめなのは冷蔵庫の野菜室での
密閉状態での冷蔵保存です。

もち米(お米)は、周囲の臭いを吸ってしまうので、
密閉容器に入れて保存するのがベストです。

また、お米につく虫(コクゾウムシ)は、高温多湿を好むので、
冷暗所での保存が安心です。

【もち米の常温保存】

常温で保存する時は、直射日光を避けるところに保管してください。

高温多湿は劣化しやすく、カビの原因にもなります。

なので、できるだけ涼しいところに保管してください。
夏は常温保存は不向きです。

お米の基本的な保存方法と変わりません。

お米の保存方法について ⇒

『お米の保存方法 ペットボトルで冷蔵庫が最適な理由!』

しかし、もち米は普通のお米より劣化するのが多少早いので、、
出来れば、もち米のまま保存せずに、
お餅やおこわなどに加工したものを冷凍保存するのが
おすすめです。


スポンサードリンク

もち米を炊いた後はどう保存すればいい?

もち米は、もち米のまま保存をするよりも、
赤飯やおこわ、お餅などに加工してからの方が、
便利で保存しやすいです。

その保存方法をご紹介します。

・お赤飯やおこわ

もち米でお赤飯やおこわを炊き、サランラップでお茶碗一杯ずつ包みます。

予熱が取れたら冷凍庫で保存します。

冷凍保存の期間は、お赤飯なら2~3週間ぐらい、
おこわは具が痛みやすいので1~2週間が目安です。

食べる時は、前日解凍して電子レンジで温めるか、
急ぐ時は、冷凍のまま電子レンジで3分半くらい温めます。
(600Wで茶碗1杯の時間です。時間はワット数に合わせて加減してください。)

・お餅

もち米でホームベーカリーを使ってお餅を作り、
ビニール袋の中で平に伸ばします。

冷めたら食べやすい大きさに気入り分けて、
フリーザーパックなどに入れて冷凍保存します。

お餅に黒糖や青海苔など入れると色々な味が楽しめますよ。

もち米を加工したものは、冷凍保存ができます。

冷凍保存するときは、冷凍焼けなどが起きないように
密封容器での保存が良いです。

冷凍保存しておけば、おこわなどがすぐに食べられるので、
調理してから冷凍はおすすめですよ!

3もち米の保存期間はどれくらい?

もち米(お米)には、消費期限が表示されていないので、
いつぐらいまでに使えばいいのか迷います。

もち米(お米)は、生鮮食品より水分の含有量が少ないので、
食べられる期限は長めです。

そのため、消費期限などの表示がないのだそうです。

けれど、もち米(お米)には、精米年月日が記載されています。

その期日を基本に、2ヶ月ぐらいが目安です。

先ほども書いたように、基本を踏まえてきっちり保存すれば
長期間の保存は可能ですが
もち米(お米)も保存食とはいえ、
鮮度がいいものほど味も風味も良いです。

できるだけ早めに使い切りましょう。

せっかくお餅やおこわなどを作るなら、
出来るだけ新しいものを使ったほうが美味しくできますよ。

おわりに

もち米は、大量に使うような食材ではないので、
どうしても買うと余ってしまって、
保存方法に困ってしまいがちな食材です。

すぐ使う予定があるなら、野菜室で冷蔵保存しましょう。

使い道があまりないなら、
ひと手間をかけて加工してから保存すれば、
手軽にに食べられて無駄にもなりません。

おこわなどを作る時は、多めに作って、
冷凍保存しておきましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする