Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ニラの保存方法 冷凍保存の上手な方法!簡単な料理で使い切り!

ニラ 保存方法

ニラは、スタミナがついて、色々な料理に使える便利な野菜ですが、
買って冷蔵庫に入れておいてもすぐにダメになっちゃうなんてこと、
ありませんか?

ニラは、傷みやすくて日持ちしない野菜のひとつですが、
保存の仕方によって保存期間が違ってきます。

すぐに使い切れないこともあるし、
少しでも長持ちさせたいですよね。

そこで、ニラを長持ちさせる保存方法や
使い切れないときでも安心!
簡単なニラ料理を紹介していきます。

スポンサードリンク

ニラの保存方法 長持ちさせるには?

ニラの保存には、0~5℃くらいの温度が最適と言われています。

なので、買ってきたらすぐに冷蔵保存しましょう。

【冷蔵での保存方法】

ニラはすぐに冷蔵庫に入れたいところですが、
次のようにすると、より長持ちするので、
ちょっと面倒ですが試してみてください。

1.ニラの根元を水に5分ほどつけて水を吸わせた後、
根元の部分を濡れたキッチンペーパで包み、
新聞紙やキッチンペーパなどで全体を包みます。

葉っぱが折れると、におい成分のアリシンが出てしまうので、
包むときには、葉っぱが折れないように注意してください。

2.ポリ袋に入れて軽く口を閉じ、立てた状態で野菜室で保存します。
ポリ袋の長さが足りない時は、上からもう一枚のポリ袋をかぶせます。

上からかぶせたポリ袋の重みでニラの上部が曲がらないように、
テープで固定するのがおすすめです。

保存期間は、3~4日ぐらいが目安です。

もう少し長期間保存する場合は、、
ニラを食べやすい大きさにカットして保存容器に入れます。

そこに、全体がかぶるぐらいの水を加えてふたをして、
冷蔵庫で保存します。

すると10日間ぐらい持ちますよ。

2~3日に一度、水を替えることが長持ちさせるためのポイントです。

冷蔵庫に入らなかったり、大量にもらったりと、
ニラをどうしても常温で保存しなければいけないこともあるかもしれません。

でも、ニラは、基本、常温での保存はNGです。

どうしても常温での保存をしなければならないときは、
次のようにしてください。

【常温での保存方法】

根元の部分を濡れたキッチンペーパ―で包み、
さらに全体を新聞紙やビニール袋などで包みます。

そして、曲がらないように立てて保存します。

保存期間は、涼しい時期や冷暗所で長くて3日です。

夏場は、あっという間にぐったりしてくるので、
1日くらいと思ってください。

冷蔵でも常温でも、ニラの元々の状態や気温、湿度によって、
保存期間は変わってきますので、
食べる時は、ニラの状態を確認してくださいね。

濃い緑色になって溶けたような状態になっていたら傷んでいるので、
その部分は取り除くか、範囲が大きければ食べないようにしてください。

もっとニラを長持ちさせたい、という時は、
冷凍保存をしておくと、手軽に使えて便利です。


スポンサードリンク

ニラの冷凍保存の上手な方法は?

ニラは冷凍保存することができます。

すぐに使う予定がない場合は冷凍しておけば、
長持ちするし、いつでも使えて便利です。

【冷凍保存する方法】

ニラを軽く水洗いをした後、使いやすい長さに切り、
フリーザーパックなどのジッパー付きの袋に入れます。

使いやすい量で小分けにしてラップに包んでから、
袋に入れると使うときに便利ですよ。

袋を閉める際は、中の空気を抜くようにしてください。

また、ニラをカットすると、においが出てくるので、
できるだけ素早く袋に入れるようにしましょう。

冷凍保存の期間は、1ヶ月ぐらいが目安です。

あまりないかもしれませんが、ニラを大量にもらった時などは、
すぐには使い切れないので、冷凍保存は、結構便利です。

冷凍していれば必要量のニラがすぐ用意できるし、
調理する時も冷凍のまま使用できますよ。

ニラを簡単な料理で使い切ろう!

ニラに限らず野菜は、鮮度のいいうちに料理をして食べることが、
栄養も味もよく取れます。

特に、ニラは鮮度が落ちやすいので、保存方法がどうあれ、
できれば新鮮なうちに食べたいですよね。

でも、ひと束全部使いきれなかったり、
大量にあってどうしようということもありますよね。

そんなときは、簡単にできるタレに返信させてみましょう。

■ニラの万能タレ

ニラのみじん切り・・・1/2束
長ネギのみじん切り・・・1/2本
醤油・・・100cc
砂糖・・・大さじ1
おろしニンニク・・・1かけ分
粉末赤唐辛子・・・適量
いりごま・・・適量

これらを混ぜ合わせます。

少しピリ辛で、冷奴・蒸し鶏・茹で豚などにとても良く合います。

■ニラ醤油漬け

ニラのみじん切り・・・1束
醤油・・・100cc
煮切り味醂・・・50cc
ごま油・・・大さじ1
鷹の爪・・・1本

これらの材料を保存容器に入れます。

1日冷蔵庫でねかして、翌日には完成です。

冷蔵庫で1週間くらいもちます。

どちらのタレも、焼き肉にも良く合いますよ。

良いニラの選び方は?

ニラを長持ちさせるためには、まず、選び方も大切です。

そこで、新鮮なニラの選び方のポイントを紹介します。

1.葉っぱの色が濃い緑色であること

葉物野菜を選ぶ時の大事なポイントです。

2.葉っぱが、葉先までピンとしている

しおれているものは、新鮮ではありません。

3.葉っぱがしっかりしていて、ツヤがあるもの

葉っぱが厚く重いものは、しっかり成長して栄養がいっぱいです。

4.根元を見て、みずみずしいもの。

根元が乾いているものは、収穫してから時間が経っている
可能性があります。

5.においも重要なチェックポイント

においの強いものは、におい成分のアリシンが多く含まれています。

以上が、新鮮なニラを選ぶポイントです。
これらをチェックして新鮮なニラをえらびましょう。

おわりに

ニラは、うっかりするとすぐに傷んでしまいます。

気がついたら野菜室の中でドロドロになって、
異臭をはなっているなんて残念なことにならないように、
正しく保存して長持ちさせましょう。

そして、美味しいニラの料理にしてくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする