人参は皮ごと食べるもの?包丁で上手にするコツと皮の栄養

にんじん 皮 食べる

にんじんはどうやって食べていますか?

皮はどうしていますか?

にんじんの皮はちょっとザラザラしていたり、
ゴワゴワしていることもあるので、
料理する時、皮を剥こうかどうしようか、
悩むことはありませんか?

そもそも、にんじんの皮って、
食べるものなんでしょうか?

にんじんを目の前に考えてしまっている人も
いると思います。

そこで、にんじんは皮ごと食べらものなのかどうか、
皮を剥く時の包丁でのコツ、
にんじんの皮に含まれている栄養について、
ご紹介していきます。

スポンサードリンク

人参は皮ごと食べるもの?

にんじんを食べる時、皮は剥きますか?

それとも、皮ごと食べますか?

節約本などには、人参の皮を使った料理法が掲載されたりしているので、
皮はちゃんと食べられるということですよね。

なので、にんじんは皮ごと食べても大丈夫ということですが、
ちょっとごわごわしたり、固く感じたり、
あまり食感は良くないかもしれません。

そもそも、にんじんの皮ってどの部分だと思いますか?

それこそ、ごわごわした固い部分のことじゃないの?
と思われるでしょうが、実は違うんです。

大抵の人が皮だと思っているだろう、
外側の部分もにんじんの「身」なんです。

本来のにんじんの皮はとても薄いため、
出荷前に洗浄される時にむけてしまうんだそうです。

その後、乾燥して表面が固くなり、皮っぽくなってしまうんです。

というわけで、実は「身」なので、ちゃんと食べられるんですよ。

でも、やっぱり固いので剥かずに食べるなら、
カレーやシチューなどのぐつぐつ煮込む料理に向いています。

もし、サラダなどに使うために皮(っぽい部分)を剥くなら、
残しておいて活用しましょう。

■にんじんの皮のきんぴら

1.にんじん(3~4本分)をきれいに洗って、皮を剥き、細切りにします。

2.フライパンにゴマ油(大さじ1)をひき、にんじんの皮を炒めます。

3.にんじんの皮の色に油がまわったら、
しょうゆ・みりん 各小さじ2を入れます。

4.調味料がほぼなくなったら、ゴマを適量入れて出来上がりです。

簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

他にも甘酢漬けや、チップスなど色々なレシピがあります。

また、剥いた皮を天日に干すという方法もおすすめです。

天日干しにすると、味が凝縮され甘みも増します。

長期保存がきくので、煮物やみそ汁の具などにいつでも使えて便利ですよ。

スポンサードリンク

人参の皮むき 包丁で上手にするコツ

にんじんは細長いので、剥くときにはピーラーを使うと、
特に縦に剥きたい時は、簡単に上手にできます。

でも、ピーラーがない場合など、包丁で剥くしかない時もありますよね。

包丁で上手に剥くコツは、まず、包丁をしっかり研いでおくことです。

包丁は切れ味が悪いとむきにくいので、
シャープナーでしっかり研いでから使うようにしてください。

次に、にんじんの皮を剥いていきますが、
包丁でピーラーのように縦に細長く剥くのは、
なかなか難しいことだと思います。

そんな時は、長いままだと剥きにくいので、
まず先に、にんじんを料理に合う適当な長さに切ります。

2~3等分くらいの長さ(5cmくらい)なら剥きやすくなります。

そして、桂剥きの要領で剥いていきます。

・身と皮の間に縦に包丁を入れ、包丁ではなくにんじんの方を動かしながら、
皮が途中で切れないように一周します。

この剥き方なら、後から細切りにしやすいです。

けれど、包丁にあまり慣れていないと、ちょっと難易度高めなので、
りんごをくるくる剥くようにして、
少しずつ剥いていきます。

このようにして剥いた皮は細切りにはしにくいので、
細かくみじん切りにして、スープなどにしてみましょう。

柔らかく煮れば、食感は気にならなくなりますよ。

にんじんの皮の栄養ってどんなもの?

野菜は、身と皮の間に一番栄養があるとよく言われています。

実際、にんじんの本来の皮はすでに剥かれてしまっているとはいえ、
にんじんの皮に近い一番外側の部分にも、栄養がちゃんと残っています。

例えば、βカロテン

体内で、抗酸化力のあるビタミンAに変換されます。
抗酸化力が免疫力を高めるといわれています。

他には、美肌効果が期待できる、ビタミンC

高血圧予防のカリウム、不溶性で便秘の予防の食物繊維
消化吸収を促進してくれる酵素があります。

特に主な栄養素であるβカロテンは、皮のあたりに多く含まれています。

なので、できれば皮もしっかり食べたいところです。

βカロテンは、油に溶けやすいビタミンなので、
油で炒めると吸収が良くなります。

スープに入れる時も、先に軽く油で炒めてからにすると、
栄養も摂れ、さらに美味しくなりますよ。

おわりに

にんじんの皮だと思っていた部分は実は身で、
栄養もしっかり含まれているので、
できれば、丸ごと食べたいところです。

でも、生で食べるにはちょっと固いからむくという場合も、
きんぴらやスープにして食べてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする