古い米を美味しく炊く方法と賞味期限どれくらい?使い道は?

古いお米を美味しく食べる方法

10キロサイズのお米を買ったものの、
なかなか使い切れなくて、
どんどん古くなっていく・・・

家族が少人数だったり、少食の人ばっかりだと、
こういうこと結構ありませんか?

お米が古くなってくると、
普通に炊いてもぱさついたりして、
あまり美味しくありません。

そこで、古いお米を美味しく食べる方法や、
賞味期限はどれくらいまでなのか、
また、他の使い道について、
ご紹介します。

スポンサードリンク

古い米を美味しく炊く方法は?

お米は、多少古くなっても食べられますが、
古くなるにつれ、味はどんどん落ちていきます。

お米の見た目もツヤがなくなり白っぽくなったり、
筋が入ったり、ひび割れたりすることもあります。

そんなお米をいつも通りの方法で炊いても、
ぱさついていたり、においが気になったり、
お米の旨味や甘味を感じにくかったりと、
あまり美味しくは食べられません。

そこで、新米に匹敵するぐらいの味で食べられるようになる方法を
ご紹介していきたいと思います。

また、お米は保存方法一つでも味や栄養成分が違ってくるんですよ。

【古いお米を美味しくする研ぎ方!】

お米を美味しく食べるための一番のポイントは、
なんといっても研ぎ方です。

研ぐお水は結構重要で、ミネラルウォーターか浄水器の水で、
できるだけ冷たい水を使用するのがおすすめです。

1.最初は、お米をすすぎます。

ボウルにたっぷりの水を張り、そこにお米を入れて、
サッと混ぜてすぐ水を捨てます。

これを2~3回繰り返して、水を切ります。

(この作業の理由は、乾燥したお米は、最初に水に浸かった瞬間に
その水分を吸収してしまいますので、
糠やにおいも一緒にしてしまいます。
少しでも防ぐためには、素早く水を入れ替えます。)

2.次にお米を研ぐ作業です。

すすいだ水を切ったら、続いて研いでいきますが、
手に力を入れすぎないように、ボールをつかむような手つきで
ボールの中を20回ほどかき回して研ぎます。

そこに、水を注いで2~3回ぐらいかき回し、
とぎ汁を流します。

この作業をもう一度繰り返して研ぐ作業はおしまいです。

シャカシャカと音が出るぐらいの速度で研ぎましょう。

新米の場合は、お米が割れないように
力を加減することが大事ですが、
古いお米の場合は、劣化したお米の表面を落として、
糠臭さを消す必要があるので、
少し力を入れてしっかり研ぐ方が良いです。

3.次に最後のすすぎかたです。

研ぎ終わったところに水を入れてすすぎます。

3回ぐらい水を入れ替えて
水の濁り具合が薄く濁っているぐらいになればOKです。

4.浸水

お米を炊く前には、水につけて置く時間が必要です。

お米のデンプンが分解することで、
粘りのあるふっくらしたご飯に炊きあがります。

浸水時間は、気温によって変わってきます。

夏場なら30分程度の冷たい水につけて置きます。

冬場では、時間が1~2時間ぐらい長めに、
その中間の季節(春や秋)は、45分程度の時間を目安にしてください。

そうすることで、美味しいご飯が炊けます。

【古いお米を美味しく炊く6つの方法】

次はいよいよお米を炊いていきます。

そのときに一手間加えると美味しく炊くことができるので、
手軽で簡単にできる方法を6つ、紹介します。

1.炊く時に氷を入れる

お米を炊く時は、沸騰するまでの時間が長いとお米の甘みが増すので、
炊飯するときのお水は冷水にします。

2.炊く時にみりんを入れる

みりんを加えることで、みりんに含まれる糖によって
お米がコーティングされて、ふっくらしたツヤのあるごはんが炊けます。

みりんの量は、お米1合に対して大さじ1杯くらいです。

3.炊く時にお酒を入れる

お酒を加えるとお米が、ふっくらと炊き上がります。

お酒には、食材をふっくらとさせる働きがあります。

量は、お米1合に対して大さじ1杯ぐらいです。

4.炊く時に油を入れる

サラダ油やオリーブオイルを入れることにより
お米にツヤが出て炊き上がります。
油を入れる量は、少量で構いません。

5.もち米を入れる

米ともち米を9:1の割合で炊くと、
パサつきがなくなり美味しく食べられます。

もち米の代わりに、米2合につき切り餅1個を4等分して入れても、
美味しく炊けますよ。

6.炊く時に炭を入れる

炭を入れることにより、
ふっくらした口当たりの良いお米が炊き上がります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

備長炭「おいしくて炭ません」お得な2袋セット♪
価格:1500円(税込、送料無料) (2018/6/25時点)

理由は、炭がミネラル分と遠赤外線を出すためです。

そこに、プラス塩をひとつかみ入れることにより
美味しさがさらにアップしますよ。

どの方法も古くなったお米を美味しく炊くことができるので、
いろいろ試してみて、自分の好みに合うものを、
見つけてくださいね。


スポンサードリンク

古い米の賞味期限はどれくらい?

元々、お米は農作物なので、野菜に賞味期限の表示がないように、
お米にもありません。

なので、目安としては、
精米したお米の場合、未開封の状態で冷暗所に正しく保管すれば、
暑い時期で1ヶ月くらい、寒い時期で2ヶ月は保存が可能です。

ただ、この期間を過ぎたからと言って、
すぐに食べられなくなるわけではないので、
お米の様子をみて判断します。

多少黄色くなっていても食べられますが、
・嫌な臭いがする
・カビが生える
・虫がわく
というような状態になったらあきらめましょう。

虫がわいても、たくさんでなければ、
食べられないこともないです。

お米の虫対策についてはこちらをどうぞ

⇒ 『お米の虫対策には唐辛子?虫の種類やどこから来るか知ってる?』

⇒ 『お米にわく虫の駆除方法は?その米食べても大丈夫?部屋に発生したら?』

しかし、精米したお米の場合は、
日に日に劣化するのは防ぎようがありません。

精米せずに保存をしておくというのも一つの手ですが、
精米に行く手間は結構たいへんですし、
そもそも、近所に精米機があるとも限りません。

となると、精米したお米を購入した方が便利なので、
古いお米になってしまう前に、出来るだけ早く食べきるのがベストです。

また、お米が美味しく食べられるかどうかに大きく関係しているのは、
保存方法です。

お米の劣化を少しでも遅らせるためには、
温度・湿度・虫・臭いに注意することが大切です。

おすすめの保存場所は冷蔵庫です。

冷蔵庫は、温度・湿度・虫・臭いを防ぐには最適なんです。

お米は密封容器で冷蔵庫に保存して、
少しでも長く美味しくお米を食べましょう。

古い米の使い道は?

古いお米は、そのまま炊いて食べても美味しくないし、
どうしようと悩んだ時は、
料理して味付けすると美味しく食べられます。

・チャーハン
・炊き込みご飯
・ピラフ
・リゾット
・おかゆ

など・・・。

特に、チャーハンのように油を使う料理なら、
ぱさつきも気になりません。

炊き込みご飯にする時も、
鶏肉を入れたり、少しもち米を加えると、
しっとりした美味しいご飯になりますよ。

上で紹介した古いお米の炊き方で紹介したように、
もち米の代わりに、切り餅を入れても、
もちもちになって美味しいです。

おわりに

お米は古くなっても、カビが生えたり虫がわいたりしなければ食べられますが、
味はどんどん落ちていきます。

古くなってしまったら、少しの工夫で美味しく食べられるようになるので、
今回紹介した方法を試してみてくださいね。

でも、お米は新しい方がやはり美味しいので、
お米は買ったらなるべく早めに食べるようにするか、
すぐには食べ切れなさそうな時は、
上手に保存して美味しさを長持ちさせましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする