Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚の冷凍保存 内臓はどうする?解凍方法と冷凍保存期間は?

魚 冷凍保存

安かったから魚を買ってきたけど、
今日のメニューは違うもの、
なんてこと、よくありますよね。

でも、せめて次の日に使えればいいですが、
どうなるかわからないこともあります。

そんなときは、冷凍保存しておきたいと思うのが、
主婦心・・・。

でも、まるまる1匹の魚の場合、
そのまま冷凍しても良いのか、
内臓は取ったほうが良いのか、など、
悩みませんか?

そこで、魚を冷凍するとき内臓はどうすれば良いのか、
上手に解凍するにはどうすれば良いか、
また、冷凍で保存できる期間など、
ご紹介します。

スポンサードリンク

魚の冷凍保存 内臓はどうするの?

魚や肉類を買ったら、できるだけ新鮮なうちに
調理して食べたいです。

でも、食材の大きさや食べる人の人数によって、
買って来た食材を全てその日のうちに食べきるのは、
至難の業じゃないでしょうか?

そうなると、冷蔵では長持ちはしないので、
冷凍保存をしたくなりますが、
魚の冷凍保存は難しそうに感じます。

でも、やってみるとそれほど大変ではないので、
ぜひ試してみてください!

ということで、保存方法の一つとしての、
冷凍保存の方法や注意点、
1匹丸ごとの場合の内臓の処理の仕方について
まとめました。

【魚を冷凍保存の方法 「内臓はどうする?」】

・冷凍する場合の魚の下処理

魚1匹丸ごと冷凍するときは、
内臓やエラ、頭は取り除きます。

血が多く、臭みや腐敗の原因になる部分なので、
一番に取り除くことが大切です。

そして、魚の血も臭いの原因になるので、
キッチンペーパーなどでふき取ります。

魚自体の水分もきっちりとキッチンペーパーで
ふき取るのもお忘れなく!

もし、調理用の吸水シートがあれば、
それに挟んで冷凍するのがおすすめですよ。

魚を保存する時は、下処理を完ぺきにすることで、
魚の食べるときの栄養やウマミが全然違うので、
この作業はとっても重要です。

・冷凍するときは魚を密封

魚介類は、空気に触れると細菌が繁殖し、
臭いや腐敗の原因になります。

空気に触れないようにラップできっちり包み、
フリーザーパックなどに入れて、
密封できる状態で冷凍しましょう。

密封することで、酸化や乾燥、
臭い移りを予防できます。

・切り身の魚を冷凍する時の下ごしらえ

魚の切り身などは、塩麹や味噌漬け、
煮つけにした状態で冷凍保存すると、
便利です。

このようにした上で、冷凍をするときは、
できるだけ急速冷凍すると、
解凍した後の栄養素や旨味成分が変わってきます。

ステンレスのバットやアルミホイルを冷凍庫に敷き、
その上に乗せて冷凍すると、
何もしないよりは早く冷凍されます。

ここで1つ注意点ですが、
市販の魚は冷凍したものを解凍して売られている物が多く、
それを冷凍すると再凍結となります。

味の点や栄養分が落ちるので、あまりおすすめできません。

家で魚を冷凍保存するときは、、
「生」の表記がある、近海物にするのがベストです。


スポンサードリンク

魚の冷凍保存 解凍はどうすればいい?

魚の解凍方法には、5つ方法があります。

それぞれメリットとデメリットがあります。

・冷蔵庫で解凍

一番お勧めの解凍方法です。

冷蔵庫に冷凍した物を入れて、ゆっくり解凍することで、
魚の旨味成分(ドリップ)が出にくくなります。

デメリットは、冷蔵庫での解凍は
時間がかかることです。

冷凍した食材をすぐに調理したい場合には不向きです。

しかし、プロの料理人の方に聞いたところ、
仕事の流れとして冷蔵庫での解凍が
一番理にかなっているということです。

・室内での自然解凍

冷凍した食材を室内に置いておく方法です。

しかし、細菌が繁殖する温度帯になるので
注意が必要です。

加熱調理をするものなら、暑すぎる気温でなければ、
大丈夫だと思いますが、
生で食べるようなものは、避けてくださいね。

美味しさの点でも、ドリップが出てしまうので
味が落ちることは避けられません。

あまりお勧めはしません。

・流水での解凍

小さいお店や集団調理を行っている厨房で
行われている方法です。

小さなお店は、冷蔵庫のスペースが限られている事や
時間的な制約でこの方法をとられているところが
多いと思います。

注意することは、食材をしっかり密閉状態のまま
流水にさらす事です。

もう少し安全で味の点でポイントアップするための方法は、
冷たい水(氷水)での解凍です。

少し流水解凍よりは時間がかかりますが、
時間をかけた分だけのメリットは、
あると思いますよ。

・電子レンジでの解凍

電子レンジでの解凍は、短時間で便利なのですが、
ドリップが出てしまい食材がビチョビチョになってしまったり、
熱で身自体が変色したりしてしまいますので、
あまりお勧めできません。

電子レンジによって解凍機能が付いていても
あまり信用しすぎるのは禁物です。

・調理して解凍

これは、下味をつけたまま冷凍保存した食材に向いた方法です。

特に貝類を冷凍した食材には適した方法で、
凍ったまま加熱することでドリップも出ませんし、
解凍時間も短縮できます。

煮魚を煮汁ごと冷凍したようなものは、
凍ったまま火にかけ調理すると
時間の短縮になります。

注意点は、火にかけるときにあまり強火にせず、
弱火でとりあえず凍った液体を溶かして、
焦がさないように注意しましょう。

少し水を足してから火にかけると、
焦げるのが防げますよ。

解凍方法には色々ありますが、
家庭では出来ることが限られるので、
そこのところを考慮して、おいしく、
安全に食べられるようにする解凍方法を選んでくださいね。

魚の冷凍保存期間はどれくらい?

家庭での冷凍保存した場合の保存の目安は、
だいたい2~3週間ぐらいです。

この期間が過ぎても食材は腐るわけではありませんが、
魚の水分が抜けて乾燥してしまい、
冷凍やけの状態になり、食感がパサパサになってしまいます。

さらにたんぱく質の変質や脂質の酸化に伴い
風味や品質が悪くなります。

家庭の冷凍庫は、業務用冷凍庫に比べ、
冷凍機能が高性能ではないので、
長期間の冷凍保存には、あまり適していません。

冷凍すると、ついつい油断して長い間保存しがちですが、
できるだけ早めに食べるようにしましょう。

おわりに

冷凍保存できるとやっぱり便利です。

上手に冷凍保存をして上手に解凍できれば、
美味しくお魚を食べることができます。

それに、ちょっとしたコツと手間で、
いつでも魚を美味しく食べられるのも魅力ですよね。

魚を丸ごと1匹買った時も切り身で買った時も、
ぜひ、この方法を試してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする