Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ベーコンはそのまま食べる?冷凍保存と冷凍のままの調理法

ベーコン そのまま食べる

加工肉食品のベーコンは、
焼いても煮ても美味しいですよね。

私は特に、薄切りベーコンを
カリッカリに焼いて、ご飯にのせて食べるのが好きです。

そんなご飯が進むベーコンですが、
何の調理をしなくても、そのまま食べられるんでしょうか?

ハムはサラダになったりすることもあり、
調理をしないで食べることの方が多いですが、
ベーコンは、火を通して食べたりすることが多いですよね。

また、ベーコンは好きなんだけど賞味期限が長めなので、
ついつい油断して食べ忘れてダメにしてしまう
なんてことも聞きます。

そこで、ベーコンってそのまま食べられるの
なんていうそんな素朴な疑問や、
ベーコンは冷凍保存はできないの?
というような、ベーコンについてこと、
ご紹介いたします。

スポンサードリンク

ベーコンはそのまま食べることはできる?

ベーコンは、加熱しないでもそのまま食べられるんでしょうか?

結論から言うと、
ベーコンはそのまま生で食べられます!

ベーコンには、加熱食肉製品と非加熱食肉製品のものがあり、
ニホンで作られているベーコンは、
ほとんど加熱食肉製品です。

一度、ベーコンについている製品ラベルを確認してみてください。

ベーコン 加熱食肉製品

このように、表示されています。

加熱食肉製品の場合、製造されるときに、
殺菌・煮沸されるので、
そのまま生のままで食べても大丈夫です。

加工肉食品メーカーのサイトによると、
「ハム、ベーコン、ソーセージはそのまま食べられますか?」
という質問に対して、
「加熱しないで食べられます」
という回答でした。

加工肉食品メーカーがそう言うなら安心ですね!

海外のものに多い、非加熱食肉製品のベーコンは、
生で食べても大丈夫と言われることもありますが、
豚肉であることも考えると生で食べるのは、
やめておいたほうが安全です。

個人的には、ソーセージをそのまま
食べたことはなかったのでそっちが驚きです。

ベーコンをそのまま食べるという人は、
塩っ気が強いのでお酒のおつまみとして、
食べることが多いようです。

何も手を加えず、そのまま食べても美味しいですが
レモン汁を少しかけるとさっぱりした味わいになり、
油っこさが薄まります。

ウイスキーや白ワインとも合いますよ。

ただ、おつまみになるくらい塩分が多いので
食べすぎには気をつけてくださいね。


スポンサードリンク

ベーコンは冷凍保存できる?

お中元やギフトでベーコンやハムをいただいたり、
安くなってたからと、つい多めに買うことありませんか?

そして、長持ちしそうだからと食べるのを後回しにして
賞味期限が切れてしまったりしませんか?

わたしは何度もあります・・・。

あわてて一気に食べたりして、
きちんと味わえないことも・・・

本当にもったいない・・・

ベーコンは、基本10℃以下で冷蔵保存します。
ただ、冷蔵だと保存期間は長めではありますが、2~3週間です。

(商品によります。スライスよりブロックの方が長めです。
賞味期限を必ずチェックするようにしてください)

でも、ベーコンはなんと
冷凍保存が可能なんです!

これで、ベーコンをダメにしてしまうことも
なくなりそうです。

【ベーコンの冷凍保存方法】

ベーコンは冷凍保存が可能です。

保存期間は、美味しく食べられるのは1ヶ月くらい、
段々と風味が落ちては行きますが2~3ヶ月は可能です。

冷凍の場合、この保存期間はスライス、ブロックなど、
形や大きさは関係ありません。

ただ、スライスかブロックかによって
保存方法が異なります。

■ブロックベーコンの場合

ブロックのベーコンの場合は、
後から使うときに使いやすいように
まず、好みの厚さに切ります。

1~2cmがちょうどいい厚さです。

切り分けたベーコンが濡れていたら、
キッチンペーパーなどでふき取ってから
一枚ずつラップにくるみます。

ジッパー付きの袋に入れ、
これを冷凍庫に入れれば
きちんと冷凍保存ができます!

■スライスベーコンの場合

使いやすい枚数ごとに
いくつかまとめてラップにくるんで、
ジッパー付きの袋に入れ、
冷凍庫に入れれば大丈夫です。

このように、使いやすい大きさや量にすることで、
手軽にベーコンを使うことができ、
食べきれずに処分なんてことが減りそうですね!

ベーコンは冷凍のままでも調理できる?

使いやすく分けておいたベーコンを
冷凍のまま調理する時のおすすめの方法も紹介します!

冷凍状態のまま、食べることもできますが、
ショリショリします。
(好きな人もいるかも・・・)

また、冷凍ベーコンを解凍すると、
少し水っぽい感じになりますが、
食感がちょっとおかしなだけで、
味はさほど変わりません。

でも、できれば加熱して食べたほうが美味しいです。

冷凍のまま調理をするときは解凍はせず、
そのまま熱したフライパンに入れるだけでOKです。

特別な下処理などもなく
簡単に料理に使えます。

たとえば、朝ご飯でスクランブルエッグを焼くときに、
卵と一緒に冷凍していた細切りベーコンを入れるだけで
ベーコン入りのスクランブルエッグが作れます。

ほうれん草のバター炒めを作るときに
冷凍していたベーコンを入れても美味しいです。

スープを作るときにそのまま入れると、
凍っていたベーコンが溶けるので
手軽でおすすめですよ。

使いやすい量や形で冷凍保存しておけば、
いつでも、ちょっとした料理に使いやすくなりますね。

おわりに

ベーコンがそのまま食べられるのか
冷凍保存はできるのか、をご紹介しました。

今まで火を通さないと
食べてはいけないのでは?
と思っていた人も多いかと思います。

ベーコンは美味しいんだけど、
正直焼くのがめんどくさくて、
ほったらかしてダメにしちゃうという私のような人も、
そのまま料理に使え、冷凍保存もできるので、
ベーコンが無駄になることは減るんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする