Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生クリームとホイップクリームの違い 代用できるものはある?

生クリームとホイップクリームの違い

お菓子を作るときの材料に、
「生クリーム」と書いてあったり
「ホイップクリーム」と書いてあったりしますね。

みなさん、この二つの違いってわかりますか?

どちらも同じ「クリーム」ですが
実はきちんとした違いがあるんです。

値段もだいぶ違うので、
どっちを使おうか悩むこともあるのではないでしょうか。

そこで、生クリームとホイップクリームの違いや、
ホイップクリームで生クリームの代用はできるのか、
また、両方の代用になるものはあるのか、
など、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

生クリームとホイップクリームの違いは何?

ホイップクリームとは、元々、
クリームを泡立てたもののことをいいますが、
ここでは、商品としてのホイップクリームのお話をします。

スーパーには、生クリームホイップクリーム
横に並んで売られていることが多いですよね。

値段を見ると、生クリームは結構お高めなのに比べ、
ホイップクリームはお安めです。

どう違うの?
どっちを買えば良いの?

と商品棚を前に悩んでしまいます。

【生クリームとホイップクリームの違い】

◆生クリーム

<原料>
「生クリーム」とは、
生乳や牛乳を分離させて、乳脂肪分だけを取り出したもので、
脂肪分が18%以上のものをいいます。

パッケージの原材料の表記の部分を見ると、
種類別:クリーム(乳製品)
と書かれています。

添加物が入っていないので、賞味期限は短めです。

<味>
濃厚でコクがあり、牛乳の風味を感じる味です。
脂肪分が多くなるほど、濃厚になります。

口溶けがよく、牛乳特有の香りがします。

<特徴>
脂肪分が多いほど泡立てやすく、色は少し黄色がかっています。

泡立てすぎると分離しやすくなります。
滑らかさがなくなり、見た目も食感もボソボソした感じになります。

固めに仕上がりやすく、ツノがピンと立ちやすいです。

◆ホイップクリーム

<原料>
植物性の生クリームと言われることもあります。

植物性脂肪分を主に使用していて、
添加物が含まれていることが多く、
賞味期限は長めです。

例えば、

植物油脂、乳製品、乳化剤、カゼインNa、香料、
リン酸塩(Na)、安定剤(増粘多糖類)、
カロチン色素、(原材料の一部に大豆を含む)

のようなものが含まれています。

<味>
さっぱり、あっさりとしていてコクは少なめですが、
牛乳特有の味と匂いが苦手な人におすすめです。

<特徴>
色は白っぽく、泡立てはしやすいです。

柔らかめに仕上がるので、ツノはピンとした感じではなく、
先が少し寝たようになることが多いです。

このように、それぞれ違いがあります。

どのような使い方をするかや、
味の好み、値段の違いなどから、
使い分けをしてください。

添加物が気になる方は
生クリームを使用したほうが良いかもしれません。

また、スーパーに行くと
泡立て済みのものも売っています。

泡立て済みのものも同じように
動物性のものと植物性のものがあります。

飾りに少しだけ使いたいときなど、
手軽に使えて便利ですよ。

これらのクリームは、元々は生クリームがあり、
ホイップクリームは後から開発された商品です。

植物性のもののほうが簡単に製造できることから、
安価で手に入れやすくなっているそうです。

どちらも泡立てれば
ふわふわのクリームになりますので
ケーキなどのデコレーションに
同じように使用できます。

ケーキのデコレーションなどは
どちらを使用しても大丈夫です。

生クリームは泡立てにちょっとコツがいるので、
お菓子づくり初心者さんは、
植物性のホイップクリームの方が、
楽にできると思います。


スポンサードリンク

ホイップクリームで生クリームの代用はできる?

レシピの材料に「生クリーム」と書いてあることが、
よくあります。

でも、生クリームはちょっと高いし、
乳脂肪が苦手というような場合、
ホイップクリームで代用はできるのでしょうか?

【生クリームの代わりにホイップクリームは使える?】

基本的に代用は可能です!

レシピに生クリームとかいてあっても
ホイップクリームを使用して大丈夫です。

泡立ててデコレーションに使う際は、
クリームの味をそのまま感じるので
味の違いが分かりやすいです。

しかし、他の材料に混ぜて使用する分には、
生クリームの方が多少ミルク感が強くなるかな・・・?
程度ですので、食べたときに味の違いが
はっきりわかるということは、
あまりないかもしれません。

値段が安く手に入りやすいのはホイップクリームなので、
がんばって生クリームを用意しなくてもよさそうですね。

ホイップクリームには添加物が含まれているので、
添加物を気になる人は、
ホイップクリームは使用せず、
生クリームを使用するのがおすすめです。

私は、あまり気にしないタイプなので
安価なホイップクリームでいいかな~
と思ってます。

生クリームとホイップクリームの代用になるものはある?

生クリームもホイップクリームも
お菓子を作るとき以外は
あまり使用する機会がありません。

せっかく買っても、
大さじスプーンで1杯、2杯しか使わない場合もあり、
わざわざ買うのもな・・・とも思います。

実は、牛乳で生クリームの代用品が作れるんです!

ふわふわのクリームにするのには向いていませんが、
料理の材料には十分代用できます。

必要なものは、

・牛乳
・バター
・塩ひとつまみ

です。

作り方は簡単です。

1.牛乳とバターを3:1の割合で用意します。

2.バターはレンジで溶かし、
牛乳と塩ひとつまみを加え、混ぜ合わせます。

これで完成です!

とっても簡単に代用品が作れます!

先に書いたように
泡立てるのには向いていませんが

ビーフシチューのうえに少しかけてみたり、
カルボナーラなどのクリーム系パスタに使ったり、
ホワイトソースを作ることもできます。

少しだけ使用するときには、
この方法で手軽に代用品を作れるので、
ぜひ試してみてくださいね。

おわりに

生クリームとホイップクリームは、
材料に違いはありますが
どうしてもどちらかでなければダメ!
ということはありません。

使う目的や好みに合わせて
自分に合った方を選んでくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする