茶渋の簡単な落とし方は?プラスティックもゴムパッキンもラクラク!

茶渋 落とし方

愛用の湯呑やマグカップティーカップ、
子供のプラスティックのコップや水筒、
気づいたら茶渋がついていたということ、
よくありますよね。

普通にスポンジで洗っても簡単には
落ちてくれない茶渋。

ついているの見ると、
何となく気分も下がります。

そこで、茶渋の簡単な落とし方
プラスティックステンレス
水筒のゴムパッキンの場合についてもご紹介します。

スポンサードリンク

茶渋の落とし方 簡単にできる方法は?

【茶渋の成分とつく原因】

茶渋の成分は、タンニンやカテキンといったポリフェノールが、
水に含まれる金属イオン(ミネラルなど)と
結びついて作られた色素です。

その色素が溜まっていった着色汚れが茶渋です。

ポリフェノールは、緑茶や紅茶、烏龍茶、
赤ワインなどに多く含まれています。

茶渋自体は、食べ物や飲み物が持つ
色素成分から生まれたものなので、
特に体には影響はありません。

でも、がっつり茶渋がついたカップでお茶を飲むのでは、
リラックス効果も半減ですよね。

なので、茶渋を落としましょう。

【茶渋の簡単な落とし方】

<塩>

茶渋の部分に塩を直接つけ、
濡らしたスポンジでこすります。
(スポンジに塩をつけてもOK)

洗い流してみて、まだ茶渋が残っていたら、
もう一度繰り返します。

これで結構落ちます。

塩はたいていどこの家庭にもあるものですし、
食品なので安全です。

カップの中に柄や模様がある場合は、
はげることがあるので、
そこはそーっと優しくこすってください。

また、手に傷があるとシミます。
念の為、ゴム手袋装備で試してくださいね。

<重曹>

塩と同じように、茶渋に直接つけるか、
濡らしたスポンジにつけてこすります。

茶渋が落ちたら洗い流します。

重曹の粒子が研磨剤の働きをするため、
汚れをこすり落とせますが、
あまり強くこすりすぎると、
傷がつく心配があるので注意してください。

これで、ずいぶんきれいになりますが、
茶渋を落としきれなかった場合は、
漬け置きにします。

カップに8分目までお湯を注ぎ、
重曹を小さじ1くらい入れます。

2~3時間置いてから洗い流します。

いくつかのカップの茶渋をまとめて取りたい時は、
大きめのボウルなどに入れてお湯を注ぎ、
重曹を大さじ2~3入れます。

重曹の量は、ボウルやお湯の量にあわせて
加減してください。

<メラミンスポンジ>

メラミンスポンジの使い方は、
ただこするだけです。

驚くほど茶渋が落ちます。

ただ、メラミンスポンジは
とても目の細かいヤスリと同じで、
表面を削り取っています。

なので、こすりすぎると傷がついたり、
金や銀の加工がある部分などに使うと、
取れてしまうことがあるので要注意です。

とても効果的なメラミンスポンジですが、
表面に凸凹があるものは、
そこに入り込んだ汚れは上手に取れないという
弱点があります。

そういう時は、メラミンスポンジに歯磨き粉をつけて、
こすってみてください。

歯磨き粉が細かい凸凹に入り込んで、
汚れが落ちますよ。

それでも、だめな場合もあります。

塩や重曹も、その凸凹に入り込めれば効果がありますが、
無理なこともあります。

そういったものの場合は、
やはり重曹のつけ置きが良いでしょう。

底の方など、手が届きにくいところの汚れも落ちます。

すぐに使いたい時は、塩や重曹、メラミンスポンジ、
すぐに使わず、しっかり汚れを落としたい時は、
重曹につけ置きと、使い分けるのがおすすめですよ。


スポンサードリンク

茶渋の落とし方 プラスチックやステンレスの場合は?

磁器や陶器のものは、
塩や重曹、メラミンスポンジでの
こすり洗いが手軽で簡単です。

でも、プラスティックには、
向いていません。

プラスティックは柔らかい素材なので傷がつきやすく、
こすりすぎると細かいキズがつき、
余計に茶渋などの汚れがつきやすくなります。

ステンレスの場合は、少しくらいならこすっても大丈夫ですが、
頻繁にやり過ぎると、傷がつくことがあります。

細かい傷がつくと、そこから錆びることがあるので注意が必要です。

ステンレスタンブラーで外側がミラー加工されているものは、
メラミンスポンジでこすると、
細かいキズがついて曇ることがあるので注意してください。

どちらも、重曹でつけ置きの方が安心です。

特に、水筒など筒状のものは底まで届かないこともあるので、
ぜひ、試してみてくださいね。

茶渋の落とし方 ゴムパッキンはどう落とす?

水筒にはゴムパッキンや中栓など、
細かい部品があります。

汚れがつきやすく、茶渋など放置しておくと、
カビが生えることがあります。

なので、しっかり落としておきましょう。

【ゴムパッキンや中栓などのパーツの茶渋の落とし方】

まずは、ゴムパッキンなど、外せるところを外して、
分解します。

ボウルやタッパーなどにぬるま湯と重曹小さじ1を入れて、
その中でつけ置きをしてください。

1時間くらいしたら洗い流します。

それでも落ちないすき間やすみっこの汚れは、
歯ブラシや綿棒を使ってこすります。

重曹水につけた後なので、落ちやすくなっていると思います。

◆茶渋がつく前に予防しよう!

なるべく茶渋がつかないようにするには、
普段から、使ったらすぐに洗うことが大切です。

すぐ洗う習慣をつけていれば、
結構汚れが付きにくいものですよ。

洗う時間がない場合は、水やぬるま湯につけて置くだけでも
汚れを防ぐことができます。

また、陶器は表面に目には見えない気孔があって、
そこに汚れが入り込みやすかったり、
水気を吸いやすく、汚れが染み込みやすいという、
性質があります。

カップや湯呑などを選ぶ時には、磁器製のものにすると、
比較的汚れは落としやすいです。
(茶渋がつかないわけではありません)

ザラザラしたものより、ツルツルしたものがおすすめです。

それから、使い始めにお米のとぎ汁で煮だしておくと、
茶渋などの汚れが予防できるそうですよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

おわりに

茶渋は、リラックス気分を台無しにします。

普段からのお手入れで、
いつでもきれいなカップでお茶を飲みましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする