Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お米にわく虫の駆除方法は?その米食べても大丈夫?部屋に発生したら?

米にわく虫の駆除方法

恐怖の米虫!

頂きものの玄米を米袋のまま放置していたら…。

ある日精米しようと思い米袋を開けると
その中からオフホワイトの蛾らしき虫が
飛び出してきた!
なんてことはありませんか?

私はあります。

あまりの恐怖に悲鳴を上げ、
慌てて米袋を閉めるしかありませんでした。

その恐怖体験は、今でも忘れられません・・・。

そこで、そんな恐ろしい米虫の駆除方法と、
米虫が部屋に逃げたり発生してしまった場合(怖い)、
米虫がわいてしまった米は食べられるのか
について書きたいと思います。

スポンサードリンク

お米にわく虫の駆除方法は?

その頂き物の米袋から出て来たのが、
いわゆる「米虫」の成虫だったわけで…。

大体米虫って何よ!という話になりますよね?

奴らは容赦なくある日突然黒い虫やら、
クリーム色の芋虫状態で現れます。

実態は家に入った虫が米を探し、
卵を生みつけ、それが孵化し、
育ったのです。

【お米にわく虫の正体】

お米にわく虫「米虫」とは、
「ノシメマダラメイガ」や
「コクゾウムシ(穀象虫)」のことです。

米虫は気温が20℃になると発生し、
25℃を超えると活発化します。

【米虫の駆除方法】

1.米をしっかり洗います。

洗っている時に浮かんでくる米粒は、
残念ながら米虫が食べた後なので、
捨ててください。
(米虫も浮いてきます・・・)

2.天日干しにします。

天日にしっかり当てましょう。
干している間に虫はいなくなります。

2時間程で大丈夫です。

3.ザルでふるいにかけます。

ふるいにかけることによって、
虫と米にわけることができます。

玄米の場合なら、もう一度精米してしまいます。

米粒は小さくなってしまいますが、
これらの工程を行わなくても大丈夫になります。

これで米虫の駆除は無事終了です。

この時、米びつもしっかり洗って天日干しをしましょう。

なぜなら、せっかく米はきれいになったのに、
肝心の米びつに残っていたら、
恐怖再びになってしまいます。

【駆除した後の米の保管方法】

1.密閉容器に入れます。

米は空気に触れると乾燥し、酸化が進みます。

そうなると、表面にヒビが入って、
米粒が割れてしまう原因になります。

また、、米はにおいを吸います。

香りの強いものと一緒に保管するのはNGです。

2.冷蔵庫(野菜室)で保管します。

保存温度を10℃下げると酸化速度も約半分程になります。

保管する時は、普段からこの方法で保管するのがおすすめです。

なぜなら米は生鮮食品だからです。

「コクゾウムシ」には乾燥唐辛子も有効です。

入れておく本数は米10㎏に対し、5本程度です。

生の唐辛子ではなく、乾燥した唐辛子で、
ヘタは取り除いておいてください。

今度はヘタにカビやダニが付いてしまうかもしれないからです。

もちろん市販品の米保存用の防虫剤でも大丈夫です。

このように保存容器・保管場所・保存期間が揃えば、
米虫にはもう悩まされませんね!

お米の虫対策はこちらもどうぞ

⇒ 『お米の虫対策には唐辛子?虫の種類やどこから来るか知ってる?』

【米の保存期間】

冬なら2ケ月以内、
春・秋なら1ケ月、
夏なら2週間程度です。

なるべく、その期間で食べきれる量を
買うようにすると良いですよ。


スポンサードリンク

お米にわく虫の駆除 部屋にも発生したら?

私のようにパンドラの箱を開けてしまった場合、
米虫は部屋に当然出て行きます。

その場合は…。

騒いでいても仕方ありません。

勇気をもって駆除しましょう。

ノシメマダラメイガが少しの場合は、
根気よく掃除機で吸い取ります。

そして普通ごみとして捨てます。

この虫の動きは、ゴキブリよりも遅いので、
落ち着いて駆除しましょう。

成虫の寿命は1週間程です。
又は燻煙剤(煙や霧状の殺虫剤)や
室内充満型のエアゾール(スプレー型)を使います。

虫自体がムリだったり、
大量に発生してしまった場合、
費用はかかりますが、
専門業者に頼む方が早いかもしれません。

米虫は暑くて、湿度が高く、
風通しの悪い場所が大好物なので、
そういう場所に逃げ込んでいないか、
よくチェックするようにしてくださいね。

米虫がわいた米は食べても大丈夫?

米虫がわいた米は食べても大丈夫なのかどうか、
気になりますよね。

心理的にムリじゃなければ、大丈夫です。

少し、パサつきを感じた場合は、
米を炊く時に少し水分を多めにし、
米を水に浸す時間を長めにします。

炊き上がりの蒸らし時間は、
10~15分くらいが目安です。

そして、米2合に対し、
サラダ油小さじ1/2を入れて炊くと
おいしく食べられます。

サラダ油以外にも蜂蜜、料理酒、酢などを
小さじ1くらい入れても美味しく炊けますよ。

それらの米はすし飯、リゾット、
炒飯、パエリアに変身させて、
頂いてしまいましょう。

おわりに

米虫に遭遇したら、血の気は引くし、
ため息しか出ません。

米虫はどこからともなくやってくるので、
まずは、米虫を米につけさせないように、
保存容器・保管場所・保存期間には、
気をつけましょう。

それでも、米虫がわいてしまったら、
決してパニックにならず、
冷静に対処しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする