Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

土鍋を初めて使う時は目止めをしよう やり方と目止め不要な土鍋もご紹介!

土鍋 使う前にやること

土鍋は初めて使う時にした方が
良いことがあります。

それをしておかないと、
土鍋にひびが入ったり、
使っている途中で割れてしまったなんて、
ことにもなりかねません。

なので、土鍋の使い始めには、
「目止め」をしましょう。

目止めをしておけば、
土鍋がひび割れにくく、
長く使うことができます。

でも、「目止め」って聞き慣れない言葉ですよね。

そこで、土鍋を初めて使う時にやるべきこと
「目止め」についてと、
土鍋のお手入れの仕方について、
ご紹介します。

スポンサードリンク

土鍋を初めて使う時にやるべきこと!

土鍋を買ったら、すぐに使いたいとは思いますが、
ちょっと待って!

その前に絶対、やったほうが良いことがあります。
土鍋には、使い始めの儀式があるんです!

その名は「目止め」

まずは、土鍋について。

土鍋は土からできているので、
水をよく吸います。

そうすると、ヒビが入って割れやすくなってしまいます。
匂いも移りやすくなります。

また、土鍋にははじめから細かいヒビが入っていたり、
目には見えない細かい穴(気孔)があります。

それもまた、そのままだと、水をよく吸います。

そこで、表面をデンプンを使ってコーティングしてやるのが、
「目止め」です。

目止めをしておくと、水漏れやヒビ割れを防ぐことができ、
割れにくくなるので、長く使うことができます。

スポンサードリンク

土鍋の目止めのやり方は?

土鍋の使い始めの儀式なんていうと、
目止めって、ちょっと難しくて面倒そう・・・と思えますが、
やり方は結構、簡単。

使うのは、ご飯や片栗粉、小麦粉などの、
でんぷん質の食品です。

これらのでんぷん質が土鍋の細かいヒビや穴を
ふさいでいってくれるんです。

<下準備>
1.まずは、土鍋を水洗いします。

2.自然乾燥させて、しっかりと乾かします。

底が濡れた状態で火にかけると、
割れてしまうことがあります。

次に、目止めをしていきますが、
昔からよく知られている方法は、
おかゆを炊く方法です。

<おかゆで土鍋の目止めをする方法>

1.土鍋に8分目ほど水を入れます。

そこに残りご飯を、
入れた水の4分の1~5分の1くらい
加えます。

2.弱火で吹きこぼれないように、
1時間くらいことこと炊いていきます。

この時、蓋はしません。

3.そのまま冷まします。

できれば、一晩くらい置いておきます。

出来上がったおかゆはもちろん食べられます。

次は、片栗粉を使った方法です。

<片栗粉で土鍋の目止めをする方法>

1.ボウルに水と片栗粉を入れて、よく溶かします。

分量は水100に対して片栗粉10くらいです。
例えば、水100ccに片栗粉10g(小さじ2)ですが、
片栗粉はもうちょっと多めでも良いです。

2.それを、土鍋に8分目ぐらいまで入れて、
弱火にかけます。

蓋はしません。

3.吹きこぼれないように気をつけながら、
1時間ことこと煮たら、完全に土鍋が冷えるまで、
そのまま冷まします。

できれば、一晩置いておきます。

おかゆ、片栗粉、どちらの方法も、
後は、水洗いしてしっかり自然乾燥させれば、
土鍋の目止めは完成です。

使用しているうちに細かいヒビが入ってしまったら、
この目止めをするとまた、塞ぐことができます。

(大きなヒビは残念ながら難しいです)

定期的に目止めをしておくと、
長く使うことができますよ。

【土鍋の手入れの仕方】

土鍋は冷めてから、
柔らかめのスポンジで水洗いをします。

もし、鍋物をして油でぬるぬるする場合は、
洗剤を泡立てたスポンジで優しく洗って、
早めに洗い流します。

長い時間、洗剤がついた状態にすると、
洗剤の匂いが染み込んだりすることがあるので、
注意してください。

土鍋をうっかり焦げ付かせてしまったら、
無理に金属たわしや研磨剤入りの洗剤で
洗わないでくださいね。

そんな時は、重曹を使うと簡単に焦げを落とすことができます。

土鍋に水1リットルにつき、重曹大さじ1を入れて、
弱火で10分くらい加熱します。

すると焦げが徐々に浮かんできます。
そのまま、今度は一晩冷ませばさらに効果があります。

その後、土鍋を水で洗い、
底を上向けにして、
しっかり乾かしてからしまいます。

洗ってすぐに使いたい時は、
底が濡れている状態で使うと、
割れてしまうことがあるので、
しっかり水気を拭き取るようにしてください。

土鍋 目止めが不要なものがある?

土鍋は使い始めに目止めが必要ですが、
実は、目止めが必要ない土鍋もあるんです。

こちらは直火専用の土鍋で、目止めはいりません。
軽量なので、運ぶのも洗うのもラクです。

デザインもスマートでおしゃれですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

菊花瑠璃釉 9号京型IH用土鍋 加熱プレート脱着式(日本製)
価格:8964円(税込、送料別) (2018/5/21時点)

こちらは、IHも直火も両方使える土鍋です。

目止めがいらない上に、
沸騰が早いので、調理時間の短縮にもなります。

光熱費も抑えられますね。

他にも、目止めのいらない土鍋は、
デザインやサイズなど色々あります。

生活スタイルや好みにあった土鍋を見つけてくださいね。

おわりに

土鍋は、ひと手間かけるだけで、
長く使うことができます。

ぜひ、大事に使って愛用の鍋の一つにしてください。

より長持ちさせるために、
目止めは、一回きりではなく、
たまにしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする