鍋の焦げ付きを落とす方法 ホーローも簡単!焦げ付かないようにするには?

鍋の焦げ付きを落とす方法

一生懸命お料理を頑張っている主婦の皆さん!

鍋を使って料理をして、
気がついたら鍋が焦げ付いてしまって、
洗剤で落とせない!

なんて困ったことはありませんか?

私はあります!

焦げ付き、汚くて本当に嫌ですよね・・・

そこで今回は、こびりついてしまった
鍋の焦げ付きを落とす方法
特に、ちょっと扱いの難しそうなホーローの場合、
他にもアルミやステンレスの場合、
また、鍋を焦げ付かせない使い方
ご紹介します!

スポンサードリンク

鍋の焦げ付きを落とす方法は?

火加減をうまく調節しないと
すぐに鍋は焦げ付いてしまいます。

焦げ付きはなかなか落とせず、
中には諦めてそのままにしている人も
いるのではないでしょうか・・・

きっともう、

・水を入れて、しばらくふやかす
・スポンジの硬いほうでこすってみる

などの対策はされましたよね?

本当は金属タワシでゴシゴシ
やってみたいんじゃないかと思いますが、
それは、鉄製の鍋やフライパンだけにしてください。

フッ素樹脂加工されたものや、
コーティングが施されたもの、
特にホーローの鍋は絶対ダメです。

硬いものでこすると表面に傷がついて、
そこから錆びてきてしまいます。

また、コーティングされた鍋の場合は、
細かいキズがついただけでも、
食材がこびりつきやすくなってしまい、
料理のたびにストレスになっちゃいます。

そこで、特に扱いが難しいイメージのある、
ホーローの鍋の焦げ付きの落とし方を紹介します。


スポンサードリンク

鍋の焦げ付きの落とし方 ホーローやステンレス、アルミもできる!

最近、ル・クルーゼなどの
「ホーロー鍋」が人気です。

ホーロー鍋は、煮込み料理に向いています。
ポトフやカレーを作ると
とても美味しくできますよね。

さらに、ホーロー鍋には、カラフルなものが多く
自分で好きなデザインが選べて
写真映えする点も人気の秘訣だと思います。

せっかくカワイイ鍋で美味しく料理ができても、
食べ終わる頃には焦げ付き・・・、
そのショックは計り知れません。

そこで、大切なホーロー鍋についた
焦げ付きの落とし方を紹介します!

まず、絶対にやってはいけないのは

「焦って金属タワシでゴシゴシ洗ってしまうこと!」

金属タワシでこすると、
コーティングされている鍋の表面を
傷つけてしまいます。

たとえ焦げ付きが落ちたとしても、
そのあと料理をする時に、
また、焦げ付きやすくなってしまいます。

そこで、おすすめの落とし方を2つ!

【1の方法】

1.鍋にお水を張り、
食器用洗剤を2~3回まわしいれます。

2.そのまま2~3時間ほど置いておき、
やわらかいふつうの食器用スポンジで
こすります。

軽い焦げ付きでしたら、
この方法で置いておくだけで
簡単に焦げ付きが落とせます。

この方法でも落ちないような、
しつこい焦げ付きの場合は、
次の2つ目の方法を試してみてください。

【2の方法】

2つ目は、重曹を使う方法です。

この方法は時間と手間が少しかかりますが
しつこい汚れにはとても効果的です。

1.鍋に水1リットルをはって
重曹を大さじ1杯ほど入れ、
その水を沸騰させます。

2.沸騰したら火を弱火にして
10分ほどそのまま温め、火を消します。

3.しばらくそのまま冷ましておくと
水が茶色くなって、だんだんと汚れが浮いてきます。

浮いてきた汚れをやわらかいスポンジで落とします。

時間はかかりますが
この方法はとってもきれいに汚れが落ちます!

しつこい汚れの時には
落ちるまでこの方法を繰り返していくと
ホーロー鍋はきれいになります!!

【他の素材の鍋の場合】

最初に紹介した方法は、
フッ素樹脂加工やアルミ、ステンレスなど、
ホーロー鍋以外にも使えます。

ぜひ、試してみてください。

ちなみに、重曹を使う方法ですが
アルミ鍋の場合は重曹を使う方法はおススメしません!

アルミに重曹を使うと黒ずんでしまうことがあるんです。

アルミ鍋の場合は
「お酢」を入れて落とす方法がおススメです。

これは、重曹を使って焦げ付きを落とす方法と同じやり方で、
代わりにお酢を使えば大丈夫です。

鍋が焦げ付かないように使うにはどうすればいい?

ここまでは、鍋が焦げ付いてしまった時の
対処法をご紹介しましたが、
そもそも!
鍋が焦げ付かないほうがいいですよね。

鍋を焦げ付かせないために大切なことは
「火加減の調節」です。

早く煮立たせたいからといって、
ずっと強火で料理をしてしまうと、
すぐに焦げ付いてしまいます。

火加減を調節して、
じっくり煮立たせるようにしましょう!

カレーやシチューの場合は、
具材だけで煮込む時間を多くとります。

ルーを入れてからは、
弱火から中火でくつくつと煮て、
溶けてからはすぐに火を止めると
焦げ付きもできず、
美味しいカレーやシチューができますよ。

おわりに

お料理の困った存在、
鍋の焦げ付きを落とす方法をまとめましたが、
参考になりましたでしょうか?

キレイな鍋でお料理をしたほうが、
気持ち良いですよね。

焦げ付きを防ぐ方法も、
ぜひ活用してくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする