Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

卵の保存方法 常温でも大丈夫?冷凍保存の方法と保存期間はどれくらい?

卵 保存方法 常温

料理には欠かせない食材、卵。
スーパーの特売などで、
ついつい多めに買ってしまいがちですよね。

でも、卵は傷みやすいイメージがあり、
保存方法に気を使いがちです。

スーパーでは常温で置いてあるけど
家でも常温で保存しても大丈夫?

より長持ちする保存方法はあるの?

そんな気になる疑問について、
ご紹介していきます!

スポンサードリンク

卵の保存方法 常温でも大丈夫?

卵はスーパーで売られている時、
冷蔵庫に入れられているのを、
あまり見かけませんよね。

じつは、元々、卵は常温保存できるものなんです。

ただ、それは温度が一定で風通しが比較的良い冷暗所
という、条件付きです。

(スーパーはその条件を満たしているのだと思われます。)

卵に温度変化は大敵なんです。

なので、冷蔵庫など一定の温度をキープできるところが、
卵の保存には適しています。

基本的には、10℃以上の環境での常温保存は
推奨されていません。

風通しが悪く気温が高いところに放置すると、
サルモネラ菌が爆発的に増え、
食中毒の危険性が増してしまいます。

では、スーパーで冷蔵保存しないのは何故かと言うと、
冷蔵保存してあった卵が常温の状態になると、
結露してしまうからです。

結露によって卵が濡れると、
卵の表面についていた雑菌などが増殖し、
卵の殻にある気孔という目には見えない小さな穴から、
中に入っていってしまう恐れがあります。

スーパーで買った卵を持って帰る間、
冷蔵保存するのはかなり難しいので、
温度変化があまりないように、
スーパーでは冷蔵保存はされていないそうです。

買った卵がスーパーでは常温で陳列されていても、
家に帰ったら、すぐに冷蔵庫に入れましょう。

卵の保存はパックごと、尖ったほうを下向きに!

卵を保存する時に大切なことが、
他にもあります。

それは、卵はパックから出さないこと。

卵の殻に付着しているサルモネラ菌が、
他の食材を汚染してしまう可能性があるからです。

なので、卵はパックごと保存!です。

また、卵は尖った方を下向きにすると、
鮮度が長持ちすると言われています。

パックに入っている卵は、
最初から尖ったほうが下を向いていることが多いので、
そのまま保存するようにしましょう。


スポンサードリンク

卵を冷凍保存する方法は?

卵は冷凍保存をすることができるのでしょうか?


結論は「できる!!」です。

卵を冷凍保存することは、
一般的ではないように思われがちです。

でも、実は専用のレシピがあるほど、
料理好きの主婦の間では
冷凍卵というものが浸透しているんです。

冷凍卵を解凍した際の見た目は、
普通の卵と変わりませんが、
味は黄身の弾力が増し、
まったりとした舌さわりのため、
とても濃厚な味に感じられるようです。

では、冷凍保存するには
どのようにすればよいのでしょうか。

その方法は至ってシンプル。

卵を殻付きのままパックごと冷凍庫に入れる、

ただそれだけです。

誰にでもできる簡単な方法ですね!

ただ、ここで注意して頂きたいことが一つあります。

それは、卵は冷凍すると殻にひびが入って、
中身が少し出ることがある、ということです。

そのため冷凍保存するときは、
必ずパックごと保存するか、
別の容器に移して保存するようにしましょう。

卵の中身が冷蔵庫の内部に付着して
冷蔵庫が汚れては嫌ですからね。

簡単にできる方法ですので、
興味のある方はぜひ、
試してみてはいかがでしょか?

卵の保存期間ってどれくらい?

卵の保存期間に関しては、
誰もが知りたいと思っていることでは
ないでしょうか。

ここでは、卵を常温保存、冷蔵保存、冷凍保存した場合、
それぞれの一般的な保存期間についてご紹介します。

【卵を常温保存した場合】

風通しが良く、気温の低いところで常温保存された卵は、

生食・・・2週間程度
加熱・・・1カ月程度

保つとされています。

もし、卵を常温保存するのであれば
風通しの良い、温度変化の少ない冷暗所(10℃以下)で
保存することをおすすめします。

【卵を冷蔵保存した場合】

冷蔵庫などで冷蔵保存された卵は、
生食・・・2週間程度
加熱・・・2カ月程度

保つとされています。

しかし、冷蔵庫で冷蔵保存する場合には、
卵を置く位置に注意してください。

みなさんは普段スーパー等で買ってきた卵を
冷蔵庫のドアポケット部分に入れてはいないでしょうか。

料理のときすぐに取り出せて便利ですからね。

しかし、実は冷蔵庫の扉には、
開閉時に想像以上の振動が加わっています。

その振動の影響で卵にひびが入る恐れがあるのです。

ひびが入ると、そこから卵の中に菌が侵入し、
品質の劣化が急速に早まるため、
冷蔵庫のドアポケットには、
くれぐれも卵を置かないよう心がけましょう。

【卵を冷凍保存した場合】

冷凍保存された卵は、

生食・・・2週間程度
加熱・・・1カ月程度

保つようです。

常温保存の場合と最長の保存期間が同じ理由は、
冷凍した際に卵にひびがはいり、
雑菌が入りやすくなり傷みやすいためです。

スーパーで買った卵の場合は、
大抵パックの中に賞味期限の記載された紙が入っていたり、
卵自体にシールが貼られています。

それは、ちゃんとした保存をして生食できる目安なので、
まずは、それを参考にしてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

卵にもいろいろな保存方法がありますが、
より卵の鮮度を保つためには、
やっぱり冷蔵保存が最も適している保存方法だと思います。

卵を購入して自宅に帰った際は、
迷わず冷蔵庫に入れることをおすすめします。

でも、卵は肉や魚と違って
かなり保存の効く食べ物です。

適切な方法でしっかり保存し、
鮮度を保った卵で食卓を彩ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする