Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

きゅうりの保存方法 長持ちさせるには 冷凍や乾燥できる?

きゅうり 大量

安かったからまとめて買ったきゅうり
たくさんおすそ分けしてもらったきゅうり
思いのほか、たくさん収穫できたきゅうり

使い切れなくて、腐らせてしまったってこと、
ありませんか?

できれば、少しでも長持ちさせたいですよね。

きゅうりは一手間で長持ちさせることができます。
一番身近な冷蔵保存の方法と
ちょっと意外な冷凍保存の方法と
乾燥させて干しきゅうりのする方法を
ご紹介します。

スポンサードリンク

きゅうりの保存方法 長持ちさせるには?

きゅうりは、サラダに欠かせなかったり、
酢の物に、漬物にと、あれば便利な野菜ですが、
あまり長持ちしないので、
まとめ買いには向いていません。

でも、安かったらつい、たくさん欲しくなるし、
大量に集まってくることもありますよね。

自分で栽培していると、毎日山のように
収穫できることもあります。

でも、むざむざ腐らせるわけにはいきません。

少しでも長持ちさせるにはどうすれば良いかというと・・・。

それには、まず、保存をするための準備が大事です。
しっかり下準備をしてから、冷蔵保存しましょう。

【きゅうりを冷蔵庫で保存する方法】

1)きゅうりは、水気が苦手な野菜なので、
まずは、表面についた水気をしっかり拭き取ります。

2)1本ずつキッチンペーパーか新聞紙で包み、
さらにナイロン袋に入れます。

ナイロン袋の口は開けておいてください。
きゅうりは水分が多いので、密封すると自分の水気で
腐ってしまいます。

3)牛乳パックや2リットルのペットボトルを
半分くらいに切ったものに、
ヘタを上にして立てて、冷蔵庫の野菜室に入れます。

きゅうりは、温暖な気候で育つ野菜なので、
あまり冷やしすぎると低音障害を起こして、
水っぽくなったり、変色したりします。

野菜室に入れるようにしてください。

保存期間は冷蔵で4~5日です。

きゅうりの表面がヌルっとし始めたら、
腐りかけです。

そのまましばらく置くと、
グジュグジュっとした感じになって、
カビが生えてきます。

そうなる前に早めに食べましょう。

ただ、これだと大量のきゅうりの場合は、
食べきる前に、ダメになってしまいます。

なので、すぐに食べる分のきゅうりを冷蔵庫で保存して、
食べ切れない分の残りのきゅうりは
冷凍保存してしまいましょう。


スポンサードリンク

きゅうりの保存方法 冷凍するにはどうする?

冷凍すると、生で食べるときに比べて食感が変わるので、
きゅうりをそのまま保存と言うわけにはいきませんが、
十分料理に役立ちます。

【きゅうりを冷凍保存する方法】

1)きゅうりをスライサー、なければ包丁で、
薄切りにします。

2)塩もみをして、水気をしっかり絞ります。
この時、できるだけ水気は拭き取ると、
上手に冷凍できます。

ラップで小分けにして包みますが、
できるだけ平らになるようにして冷凍庫に入れます。

平らな状態にして冷凍すると、
速く冷凍でき、解凍もしやすくなります。

3)解凍は室温で、半解凍状態で使います。

保存期間は冷凍で2~3週間です。

冷凍すると、生のような食感にはなりませんが、
ポテトサラダや酢の物など、
元々ギュッと水気を絞ってくったりした感じの料理に使うと
美味しく食べられますよ。

きゅうりの保存方法 乾燥させれば長持ちする!

きゅうりを干して乾燥させると、
水分が抜けて甘みが増し、
違った食感になります。

【干しきゅうりの作り方】

1)きゅうりを好みの厚さにスライスします。
薄ければ早く乾燥でき、厚めだと時間がかかります。

形は、輪切りだとサラダに使いやすいですし、
ちょっと厚めの斜め切りだと漬物にしやすいですよ。
縦半分に切ってから斜め切りにすると、
炒めものに使いやすいです。

2)ザルか乾物を作るためのネットに重ならないように並べて、
必ず天気の良い乾燥した日、風通しの良い場所に干しましょう。

今日は午後から怪しい天気という日はやめたほうが良いです。

3)半乾き状態で使う場合は半日くらい、
長めに保存したい場合は、水気が全然ないカラッカラな状態になるまで、
しっかり干しましょう。

干している途中で雨が降ってきたら、
家の中のできるだけ風通しの良いところに
避難させましょう。

梅雨の時期は不安定な天気が多いので、
カビの心配が合って、干し野菜作りには向いていません。

4)半乾きのものは長持ちしないので、
4~5日くらい、なるべく早めに使ってください。

しっかり乾燥したものは、ジッパー袋に乾燥剤と一緒に入れて、
冷蔵庫で半年くらい保存できます。

5)サラダや炒め物に使う時は、水で戻します。
漬物にするなら、半乾きのものか少し水で戻してからが
使いやすいです。

干しきゅうりの漬物は、
生のきゅうりとはまた違って歯ごたえが良くなります。
甘みも増しているので、とても美味しいですよ。

【干しきゅうりの簡単漬物】

半乾きのものはそのまま、
完全の乾いたものは水で少し戻してから。

1)2~3本分の干しきゅうりをジッパー袋に入れて、
濃縮だしを大さじ1とほんの少し砂糖、
小さじ1の酢を入れます。

2)ジッパー袋の外からしっかり揉み込んで、
2~3時間で浅漬け、一晩漬けるともっとしっかり味になります。

おわりに

きゅうりを自分で買う時は、
長持ちさせるためにも新鮮なきゅうりを
選びましょう。

選び方のコツは、
・太さが均一
・表面にハリがある
・濃い緑色でつやがある
・ずっしりとしている
・イボがしっかりしていてツルッとしていない
です。

また、我が家ではすぐに食べるための漬物も
よく作ります。

【きゅうりのだし醤油風味の漬物】

1)きゅうりは、縦半分に切り、長さ5cmくらいに切りますが、
好みの長さで大丈夫です。乱切りでもOK!

2)全体に塩を振って、しんなりしてきたら一度水洗いします。

3)水気をよく絞ったら、ジッパー袋に入れて、
きゅうりの半分ほどが浸かるくらい濃縮だしを入れます。
我が家は昆布だし。

4)よくもんで、冷蔵庫に入れます。
1日くらいで食べごろです。

濃縮だしなので、味はちょっと濃い目になります。

塩をしないでそのまま漬けると。
きゅうりから結構水が出て薄まるので、
浅漬けっぽい感じになります。

2~3日中に食べ切るようにしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする