Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

料理の水の量 ひたひた,かぶるくらい,たっぷりの水とはどれくらい?

料理の本や作り方のサイトなどを見ると、
よく「ひたひたの水」、「かぶるくらいの水」、
「たっぷりの水」と書いてありますよね。

「たっぷり」はまだわかるとして、
「ひたひた」や「かぶるくらい」ってどれくらいの量なの?
って悩むことはありませんか?

一体どれくらいの水を入れれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

料理の水の量 ひたひたとはどれくらい?

「ひたひた」
まるでオカルト話に出てくる足音のようですが、
れっきとした料理の水加減の用語です。

水の量は、鍋に入れた食材が、
水面から少し出て、見え隠れしているような状態です。

ひたひた

「ひたひた」横から

ひたひた

「ひたひた」上から

カボチャや切ったジャガイモなどを
多めの水で茹でたり煮たりすると、
水の中で踊ってしまい煮崩れしやすくなります。

ひたひたの水加減で中火で煮ると、
あまり煮崩れすることなく、
しっかり中まで火が通ります。

煮魚にもよく使われます。

料理の水の量 かぶるくらいとはどれくらい?

「かぶるくらい」とは、
食材の上からかぶるくらい、
水面から食材が飛び出さない水の量です。

水は、ひたひたよりもちょっと多い程度で、
多すぎてはいけません。

かぶるくらい

「かぶるくらい」横から

かぶるくらい

「かぶるくらい」上から

大根などの根菜や硬めの食材を柔らかく煮たり、
しっかり味を染み込ませたいものの場合に使います。


スポンサードリンク

料理の水の量 たっぷりの水とはどれくらい?

「たっぷり」の水は、言葉通り、
鍋にたっぷり水を入れた状態です。

食材が泳ぐぐらいたっぷり用意してください。

たっぷり

「たっぷり」横から(わかりづらいですがたっぷり入ってます)

たっぷり

「たっぷり」上から

ほうれん草などの青菜や麺類を茹でる時、
たくさん水を吸うもの、
長時間煮込む時などに使います。

おわりに

料理をしていくうちに、
食材に合った水の量がだんだんわかってきます。

最初はこれらを基本として、
場数を踏んでいってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする