Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生姜ひとかけってどれくらい?チューブならどれだけ?代用できる?

お料理本やネットのレシピなどを見ると、よく「生姜ひとかけ」や「生姜ひとかけら」と書いてありますよね?一体どれぐらいの量なんでしょうか?もし、チューブの生姜を使うとしたら、どれくらい出せば良いの?チューブの生姜で代用はできるの?なんていうような、生姜ひとかけやチューブ生姜などについて、ご紹介していきます。

生姜の保存 冷凍する時はそのまま?すりおろし?栄養はどうなる?

生姜は、栄養が豊富でお料理の薬味や香りづけ、隠し味に大活躍の野菜です。そんな生姜も、使うのはひとかけとか少量だけ。生姜をひとかたまり買ったのに、ほとんど余ってしまって気づいたらダメになってた、なんてことありませんか?もったいないし、上手に保存していつでも便利に使いたい!なんて思う人も多いのでは?そこで、生姜の保存方法、特に長持ちしそうな冷凍保存について、ご紹介していきます。

塩鮭の冷凍と解凍 コツは?冷凍塩鮭の焼き方 フライパンでも焼ける?

塩鮭は、お弁当や朝食のためにもあると便利な食材です。安くなっていたら、まとめて買って冷凍保存しておきたいです。でも、冷凍すると味が落ちてしまわないか心配。いつでも美味しい塩鮭を食べられるように、上手に冷凍保存と解凍するコツをマスタ―しましょう!また、冷凍した塩鮭を上手に焼く方法や焼いてから保存できるかなども、あわせてご紹介していきます。

塩鮭の塩抜き方法 焼いた後と冷凍の場合は?辛口と甘口の違いは?

塩鮭は、焼き魚メニューでは定番ですよね。でも、その塩鮭を焼いてから塩辛くって食べられなかったなんてことはありませんか?もうどうしようもないんでしょうか?また、いかにも塩辛そうな塩鮭はどうしたら美味しく食べられるんでしょうか?そんな塩辛い塩鮭の悩み、冷凍塩鮭の場合はどうするのか、 そもそも辛口と甘口とはどう違うのかなど紹介していきます。

もち米と白米の違いは何?一緒に炊くときの割合と水加減は?

私達が普段、「ご飯」として食べている白米(うるち米)と、お餅やおこわを作るのに使うもち米とは、何がどう違うのでしょうか?また、おこわを作るときに白米を混ぜたり、古い白米を炊くときにもち米を混ぜて炊くと美味しくなります。その時のもち米と白米の割合や水加減は、どのくらいなのかなど、もち米と白米の色々な気になることをご紹介していきます。

もち米の保存方法 冷凍できる?炊いた後の保存方法と保存期間

お赤飯などのおこわや栗ご飯などを作るために買ったもち米。なかなか使い切ることはないですよね。どんどん劣化していきそうで心配です。どう保存するのが最適なのでしょうか?また、炊いた後のもち米はどう保存すれば、 美味しく食べられるのか、気になるところですね。そんなもち米の保存について、 ご紹介していきます。

レタスがすぐに赤くなる!保存方法を紹介!冷凍してしまったら?

水で洗っただけで手軽に食べられるレタス。忙しくて野菜をなかなか食べられない、なんて時にも便利ですよね。ただ、レタスはすぐに赤くなってきたり、しなしなになったりしてしまいます。赤くなっても食べられるのか気になりますよね?レタスが赤くなる理由や上手な保存方法、うっかり冷凍してしまったときはどうすればいいか、などをご紹介します。

大根おろしの汁って使い道ある?保存できる?栄養はあるの?

大根をおろすとたくさん汁が出ますよね。大根おろしは水気をある程度切って使うので、その汁は捨ててしまうことがおおいのではないでしょうか?何だか、もったいない気がします・・・。大根おろしの汁に何か使い道があるなら、ぜひ捨てずに使いたい!ということで、大根おろしの汁の使い道や 保存はできるのか、栄養はあるのかなど、ご紹介します。

大根おろしの保存方法と保存期間は?保存したら栄養はどうなる?

大根おろしをぴったり使う量だけおろすのって、難しいですよね?余ったらもったいないので、できれば保存しておきたいものですが、どうやって保存すれば良いんでしょうか?冷蔵?それとも、冷凍?保存した大根おろしがどれくらい保つのか、また、養は変わらないのかなども気になります。そんな気になる大根おろしの保存についてご紹介します。

大根おろしの辛くないおろし方は?辛い理由と辛い時はどうする?

アジやサンマなど、焼き魚には大根おろしがよく合いますよね!でも、食べてみたらとても辛いことがあります。辛い大根おろしが好きな人にとっては大歓迎ですが、子供は嫌がるし、辛いのが苦手な人もいますよね。実は、大根おろしが辛くならないおろし方があるんです。辛い大根おろしになる理由や辛い時はどうすればいいか?など,ご紹介します。